Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Vellumを試してみた

Zedがなんだか頑張っているようなのでVellumを試してみた。Pythonで書かれた「超」単純なビルドシステムであったはずが…Python文法のサブセットを解釈するパーザ (Zappで書かれている) を追加したりとか、よく分からないことになっている。

リンク先には詳しく書いてないけど、0.8で、これまでYAMLで記述することになっていたビルドルールをPythonで書くようにする変更が行われた。

ビルドファイル (build.py) の例。

options = {
    'default': 'build',
    'file': 'out'
    }

targets = {
    'build': [
        'echo "HI" > %(file)s',
        'echo "THERE" >> %(file)s'
        ],
    'foo': [
        'echo "FOO"'
        ]
    }

depends = {
    'build': [ 'foo' ]
    }

でも、ごめん、何が便利なのか最後まで分からなかった。Mercurial ばかり使ってきたけど、Bazaar も案外いいじゃん、みたいな感想しかなかったです。ところでPLYとZappと、どっちがいいんでしょうかね。個人的にはPLYが好きだけど。