ロシアでは

別れの時にNginxのモジュールを贈るのが習わしとなっていますので、作りました.

https://github.com/moriyoshi/ngx_ymsr_module

nginxをビルドするときに、

$ ./configure --add-module={ngx_ymsr_moduleのパス}

を指定してあげればOKです。

id:Yamashiro0217 を偲ぶパスを心に決めてください。

あとは、

location / {
    ymsr on;
}

そのURLにアクセスしてください。

moriyoshi@chicwab ~% curl -vv http://localhost/
* About to connect() to localhost port 80 (#0)
*   Trying 127.0.0.1...
* connected
* Connected to localhost (127.0.0.1) port 80 (#0)
> GET / HTTP/1.1
> User-Agent: curl/7.24.0 (x86_64-apple-darwin12.0) libcurl/7.24.0 OpenSSL/0.9.8y zlib/1.2.5
> Host: localhost
> Accept: */*
>
< HTTP/1.1 200 OK
< Server: ngx_openresty/1.4.3.6
< Date: Sat, 15 Feb 2014 12:45:51 GMT
< Content-Type: text/html
< Content-Length: 5
< Last-Modified: Sat, 15 Feb 2014 11:09:21 GMT
< Connection: keep-alive
< ETag: "52ff4ae1-5"
< X-Yamashiro: エンジニアにメモリを与えないと転職する。あると思います。
< Accept-Ranges: bytes
<
test
* Connection #0 to host localhost left intact
* Closing connection #0

おおっ、 リクエストのたびに名言が出力される X-Yamashiro ヘッダが追加されましたね!

まとめ

R.I.P.

Remove all ads