Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

なんか Go で書くのが流行ってるみたいなので

go google

追記:「kzk's blog」の「Writing TokyoCabinet wrapper for Go language」で紹介御礼。この記事は cgo を使った TokyoCabinet のラッパーの書き方を解説しているので、下記のコードと組み合わせて本当に tc が backend になっている KVS を書いてみるのもよいかも。

早速 Go 言語を試してみる!』とか。
Go で無駄にチャンネルを使ってクイックソートのようなものを書いてみた』とか。

こちらはというと、試しに memcache バイナリプロトコルで通信する KVS もどきを書いた。

サーバのイベントループで go すれば全部済むのが楽ちんですね。

追記: HandleConn() の中で、backend_ch を backend との送信と受信両方に使っていたのだけど、ここにあるように、まったく誤りだということが分かったのでその辺を直した。

追記2:: 昔 Erlang の練習に似たような構造のものを書いたので恥ずかしいけど晒しとく: esecached